有効な省エネ対策として、1番に窓断熱を推奨します。

なぜならほとんどの建物の場合、太陽熱は窓ガラスから70%近く進入すると 言われているからです。よって窓ガラスに省エネ対策フィルムを施工するだけで かなりの効果が期待できます。
またガラスフィルムは低コストで簡単に省エネ対策が可能なので、冷暖房効率が上がり電気代の削減につながり、工事代金が数年で償却できた例も多数あります。中には10℃近く差が出たとの ご報告もお客様からいただきました。
今後もフリーハンズでは、工事代金が数年で償却できるように数ある商品を厳選し、 お客様の目的に応じて最適な商品をご提案できるよう日々各フィルムメーカーや 協力会社とも情報交換を行っております。

断熱フィルムのメリット

断熱フィルムを窓ガラスに貼るとだけで夏は部屋がより涼しく、冬はより暖かくなります。窓から熱が出入りする事を防ぎエアコンで調整された室内の環境を永く経済的に保つ事が可能です。

UVカット&飛散防止

HL197_L

紫外線の99%以上をカットします!
シミ、ソバカスの原因となる紫外線によるお肌のトラブルを防止し、家具や壁紙に対しての日焼けを抑制します。
台風や震災などによる予測不可能なガラスの割れが発生した際には飛散防止の効果もあるのでより安全に日々をおすごしいただけます。
人も建物も守り続けるガラスフィルム施工はフリーハンズへお任せください!

夏はより涼しく

HL197_L

窓から入る日差しによる熱をカットし、冷房で涼しくなった室温を保ちエアコンの負担を下げる事による省エネ効果があります。断熱フィルムが太陽の光を反射吸収する事によって高い断熱効果を実現しています。
近年、夏の暑さは異常気象と呼ばれるほどに命まで危ぶまれるほどに気温が上昇しています。効果は使用する断熱フィルムや窓の大きさ、設置する環境によって左右されますが目安として夏で5~10℃の変化が見込まれます。

冬はより暖かく

HL197_L

断熱フィルムには一般的に熱を逃さない金属層があり、エアコンやヒーターなどで暖かくなった室内の温度を外に逃さず暖かいまま室内の環境を保ちます。
電気料金はもちろん、近年は灯油やガス代の値上がりも家計に与えるダメージは増加の一途を辿るばかり。断熱フィルムによる節電対策を行い、継続的な省エネ対策・節電対策を実施しましょう!

ご依頼・お見積もりはお気軽にご相談ください。

各種メーカーのフィルムを多数取り扱っております。ガラスフィルム施工のプロフェッショナル、フリーハンズならではの最適なご提案をいたします!お客様のご希望やご要望がございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。