効き目確かな究極の砂場用抗菌剤!砂にまくだけの簡単施工!406種類の菌に効果を発揮します!!

近年自治体などでも砂場の細菌対策を問題にあげているところが数多くあります。
何も対策をしてない砂場は細菌の住家になっており汚染されています。
しかしコスト面や効果の視点から問題が先送りになっているのが現状です。

ホワイトモンスターは現在市販されている抗菌・防カビ手法の欠点を補い、砂の抗菌化を手軽にできるように改良した砂場用抗菌剤です。
今までは砂を直接入れ替えたり、銀や光触媒で抗菌してましたがコストが 高い上にあまり効果を発揮してないのが現状でした。
しかしホワイトモンスターは水で希釈してジョウロなどで撒くだけで抗菌施工が 可能です。
しかも施工3年後の追跡調査でも抗菌効果が持続しており(※効果の持続期間は使用状況により変動します)、 簡単・手軽・効果絶大・低コストと
フリーハンズが自信を持ってお勧めできる商品です。

ホワイトモンスターは細菌同士の情報伝達能力を利用した今までにない抗菌・防カビ剤です!

細菌は急激に殺菌されそうになると抵抗力を持ちますが、環境を生息できない状態にゆっくり変えられると、
その場所に対して 忌避反応を起こします。

ホワイトモンスターは、細菌が呼吸や栄養を摂取できない環境を72時間かけて作ります。
その結果ホワイトモンスター付近の細菌は、生命活動ができなくなり、やがて餓死へ。その時に仲間の菌に「ここに近づくな!」
と危険信号を送るため、以後その場所には細菌が近づかなくなります。
そしてその時に作られるバリアーは、汚れや手垢はもちろん、壁紙くらいの物なら貫通して形成されるため、他の抗菌剤のように汚れに遮られ効果が発揮されないという現象は起こらないのが特徴です。

ホワイトモンスターが抗菌・防カビ剤の従来の問題点を克服!
  従来の抗菌・防カビ剤 ホワイトモンスター
薬剤の安全性 抗菌・防カビ剤自体が非常に危険な化学薬品である。
溶出した薬剤が人体に悪影響を及ぼすことも!
ホワイトモンスターの危険性は極めて低く、コーヒーや塩水よりもはるかに安全なので砂に撒いても安心。
有効な菌数 30種類前後の菌にしか効果が発揮できない。 406種類の菌に効果を発揮。
持続性 水溶性のものが多く 長期効果が見込めない。 施工後3年後の追跡調査でも抗菌効果が持続している。(※使用状況により変動します)
▼
ホワイトモンスターが従来の欠点をすべて克服!
ホワイトモンスターが抗菌・防カビ剤の従来の問題点を克服!

現在、日本国内で市販・流通している防カビ剤のほとんどは、最も効果のある薬剤といわれている米国の防カビ剤を使用しています。
この防カビ剤とホワイトモンスター、および国内で最近ブームになっている無機系抗菌剤を項目ごとに比較してみてください。
高い安全性と比類のない抗菌・防カビ効果をご理解いただけるものと思います。
また市販の抗菌・防カビ剤は菌を強制的に殺すため、薬剤に対して強い抵抗性をもった菌が発生し、薬品の効果が切れると今までより菌の繁殖がひどくなってしまうことがあります。
しかしホワイトモンスターは、菌を48~72時間かけてゆっくり餓死させて死滅させるので耐性菌が生まれません。
ホワイトモンスターは抗菌のメカニズムが他製品とは違いますので対応菌数も格段に違う訳です。

[ホワイトモンスターと他の薬剤との比較表]

名   称 ホワイトモンスター 米国製の防カビ剤 無機系薬剤
建物から検出される
57菌に対する効果
57菌全てに有効 26菌に有効 3菌に有効
藻抵抗力 効果  32藻 効果  0藻 効果  0藻
薬剤安定温度 -60℃~390℃ 0℃~251℃ 500℃
浸透力 (例)ブラスターボードの場合
5~6mm
農薬より応用の薬剤のため
浸透力を抑制している
―――
耐性菌 複合合成薬剤のため
耐性菌が出にくい
日本での使用経歴37年
(H10年現在)であること、
単独使用または1~2品混合のため耐性菌が出ている
―――
薬状 粉体系・水系・水分散系・
溶剤系
粉体系・水系・水分散系・
溶剤系
粉体系・水分散系
抗菌スペクトラム 406菌 32菌 10菌
MIC値 抗菌スペクトラム406菌のうち
カビ菌:243菌1~20ppm
細菌:131菌1~15ppm
藻菌: 32菌5~30ppm
1~30ppmとMIC値が安定している
抗菌スペクトラム32菌のうち
1~10ppm: 8菌
11~50ppm:24菌
MIC値がバラバラ
100~3,000ppm
溶出度
(水・温水)
ほとんど溶出しない3ppm 3,000ppm なし
有効pH 1~14pH 4~8.5pH ―――
カビ抵抗性試験 JIS法 28日で発生なし
SEI法 28日で発生なし
JIS法 28日で発生あり
SEI法 14日で発生あり
JIS法 7日で発生あり
SEI法 7日で発生あり
安全性 LD50=20,000mg/kg
(財)日本食品分析センター 20ml/kg以上
LD50=3,800mg/kg LD50=5,000mg/kg
ホワイトモンスターの安全性の資料(安全性重視)

ホワイトモンスターは、世界基準が厳しいといわれるEPA(アメリカ環境保護庁)の安全性認定ナンバーを取得している、
各単品薬剤のみを使用した複合合成薬剤です。各単品薬剤は、下記リストにも記載されています。

CAS (アメリカ既存化学物質リスト)
TOSCA (アメリカ化学物質リスト)
CEPA (カナダ科学物質リスト)
EINECS (ヨーロッパ既存化学物質リスト)
MITI (日本通産省既存化学物質リスト)

またホワイトモンスターは、(財)日本食品分析センターにおける下記の各試験によって、高い安全性が確認されています。

【試験名】 【試験結果】
眼刺激性試験(ウサギ)    (第199071312-005号) 軽度刺激物(6.7以下)
急性経口毒性試験(マウス) (第199071312-004号) LD50=20ml/kg(死亡例0)以上
皮膚一次刺激性試験(ウサギ)(第199071312-003号) 無刺激性(P.I.I.=0.4)
変異原性試験(第199071312-0022号) 陰性
急性経口毒性試験(ヒメダカ) (第199071312-D03号) 96時間LD50=3,600mg/㍑以上
ダイオキシン類の定量     (第199071312-001号) ダイオキシン,ジベンソフラン全項目TEQ=0
ダニ忌避試験    東京都立衛生研究所(第195号) 忌避率 91%

※急性経口毒薬について
ラットやマウスを使って口から強制的に劇薬を投与し、2週間で動物の半数が致死した薬品量を体重1kgあたりで算出した値をLD50として示します。
ホワイトモンスターの急性経口毒性値は、LD50=20ml/kg以上でした(この量でも一匹も死ななかった)
この評価は、換算すると(1ml=1g)LD50=20,000mg/kg以上になります。
これは実質上の安全性が、カフェイン(LD50=1,950mg/kg)や食塩(LD50=4,500mg/kg)などより高いことを示しています。

ホワイトモンスターの抗菌データ
【目的】
ホワイトモンスターの大腸菌に対する抗菌力を検証する。
【菌種】
Escherichia coil IFO#3806 (大腸菌)
【培地】
乳糖加 BTB 培地
【温度】
30℃±5℃
【薬剤】
ホワイトモンスター 5倍希釈液
【シャーレ】
直径90mm, 高さ20mm デスポシャーレ
【試験内容】
菌植え込み後、菌の繁殖を確認しそれぞれコロニー数を確認一方に薬品を塗布(表面塗布)し、
未処理との比較(コロニーをカウント)を行ったれています。
【試験結果】
経過時間(時間) 未処理(コロニー数) 薬品処理(コロニー数)
初期コロニー数 110 130
1 110 36
2 110 20
3 110 11
4 110 4
5 110 0
24 110 0
【考察】
実験の結果、ホワイトモンスターの5倍希釈液の大腸菌に対する抗菌力は、非常に高いものと推定されます。